芍薬の花を求めて(白鳥山・時雨山)            

 2008 年 5月17日(火)御池(白鳥山 1638m)~時雨岳 1546mの縦走  男子6人・女子7人 計13人
現地まで大分から 片道約200km  
駐車場には13台がすでに止っていた
その隙間に私達の車2台 工面して止め・・・
食事を済ましてから
12時・・・御池登山口出発 
平家落人が通ったとされる 椎葉越は、熊本県泉村と宮崎県椎葉村
つなぐ林道が通っている
御池白鳥山周辺は、石灰岩の層でドリーネ・カルスト地形
湿地帯は、ミズゴケの層が厚く 樹林帯なので登山しやすい
手前から徐々に 芍薬の群落が こんな沢山の芍薬
竪穴結構深そうと覗き込むこれは石灰岩の証拠、周囲には
シャクヤクの群落が、 シャクヤク北向きの斜面と あって、まだ蕾で健在でした。
平清経住居跡 ~ 白鳥山 1639m頂上
全員揃った所で 記念写真を撮って
そこで健脚組は、縦走して 
時雨岳 1546mに挑戦・・・他の組は、元の所に下山
バイケイソウ・ヒトりシジカ・ムシカリの花
新緑の葉が、私たちを快く迎えてくれた。
1時20分位掛けて行く
そこには、驚くほどの芍薬 皆んな夢中になって写真を撮り続けた
幼い頃の気持ちに、なっていた
 時雨岳 1546m
10分位休憩をして・・・下山
このコースを、帰りに使って、本当に良かった
凄い、急坂です
皆さん お疲れ様でした

周辺のマップ
d0126573_22105220.jpg

d0126573_22192145.jpg

d0126573_22251362.jpg

d0126573_22255920.jpg

d0126573_22263494.jpg

d0126573_23293726.jpg
 
d0126573_23411034.jpg

d0126573_22521577.jpg

[PR]

by nk626n | 2008-05-18 21:58

下関唐戸市場見学・門司港レトロの街散策

行 先  下関唐戸市場見学とショッピング・門司港レトロの街散策
日 時  5月13日(火曜日) 出発AM7:30~PM5:30
前日の天気予報では午前中は,雨とされて、いましたが
天気で予報が外れて・・・幸運々
楽しい一日でした

唐戸市場・・・風景
d0126573_22283499.jpg

d0126573_22474058.jpg

d0126573_22483710.jpg

門司港レトロの街
d0126573_22521476.jpg

d0126573_23255958.jpg

d0126573_2330954.jpg

d0126573_0164553.jpg

[PR]

by nk626n | 2008-05-14 23:51

一年振りにペイント講座を・・・

今日は、久し振りにペイント講座を受けました
先生・はじめてとは思えないほど
分りやすくて、素晴らしい講座でした
私は、シニアですので、勉強も、大事ですが、それを養う、毎日の
健康と、皆さんと語ら 笑顔が大好きです
毎日体を、動かして、忙しいですが、又 楽しい面もあります
d0126573_23305853.jpg

d0126573_23312555.jpg

d0126573_23385680.jpg

d0126573_0221093.gif

d0126573_12391199.jpg

[PR]

by nk626n | 2008-05-09 23:33

キンランを写しに・・・

霊山寺の駐車場に車を置いて
お友達と二人で、「キンラン」を見たさに、頂上に登りました
この、急な山道を登って行かないと見る事が出来ませんからね
帰りは、元青年の家経由で、そこには、フジ・ツツジが咲き、時々
霊山頂上(596メートル)まで来ていますが、お友達と、お喋りを
しながらの・・・霊山も癒しになります。

d0126573_7324766.jpg

キンラン
d0126573_833363.jpg

d0126573_7365528.jpg

d0126573_7392181.jpg

d0126573_7414845.jpg

d0126573_7433998.jpg

d0126573_7561728.jpg

[PR]

by nk626n | 2008-05-08 06:40

鶴見岳の縦走

2008 5/4(日)
 鶴見山 
   大平山(扇山ともいう、810m)の四峰の山塊を総称して鶴見山と・・・
 鶴見岳
   鶴見岳を主峰とし、北の、内山(1275m)、伽藍岳(1045m)と・・書いてありました。
d0126573_23132391.jpg

d0126573_23163915.jpg

 火男火売(ほのおほのめ)神社(御岳権現:おたけごんげん)
やまなみハイウェイの志高湖への分岐近くに鳥居バス停があり、ここから車で5分くらい
上がったところに駐車場がある。ここから参道の石段はすぐで、これを登りきったところに
神社がある。神社直ぐ下には御霊水がこんこんと湧き出ている。
ロープウェイ駐車場からも登山道があり、この神社までは歩いて約45分かかる。

神社には火之加具土命(ホノカグツチノミコト)と火焼速女命(ヒヤキハヤメノミコト)の
男女二神が祭られており、火の山・鶴見の神を人格化した呼び名であった。
この二神の名が初めて史書に見られるのは、続日本後紀であって、
その中に、嘉祥二年(849年)六月一日に従五位下を授けられたと出ている。
江戸時代末期文久四年(1864年)に千年祭が執り行われ、昭和24年(1849年)
に千百年祭を執行しようとしたが、戦後の混乱のためかなわず、昭和34年に
千百十年祭を執り行った。
 
d0126573_23191296.jpg

火男火売神社下駐車場に・・・ 6時集合 出発 6:50 参加者 9名

火男火売神社・・・・・・・・7:20(ご参拝して )
南平台分岐 ・・・・・・・・・ 8:00
鶴見岳・・・・・・・・・・・・・・9:10   
馬の背・・・・・・・・・・・・・・9:30
鞍ケ戸本峰 ・・・・・・・・・10:00
船底 ・・・・・・・・・・・・・・・10:30
内山 ・・・・・・・・・・・・・・・11:00
塚原越(尾根道分岐)
伽藍岳 ・・・・・・・・・・・・・12:30(昼食)
兎落とし・・・・・・・・・・・・・15:10(駐車場)
 
d0126573_23405292.jpg
 
 
d0126573_041999.jpg

 
d0126573_23534937.jpg
      
d0126573_2358547.jpg

 
[PR]

by nk626n | 2008-05-05 12:48

久し振りの「倉木山」

2008 4/30(水) ・・・ 久し振りの倉木山・・・頭の中で一緒になって、いる
以前は、もう少し厳しい気がしたのですが・・・
帰りは、急登コースを降りる、
笹を掻き分けながら
中高年クラスは・なだらかなコースをが無難です。

d0126573_11384444.jpg

d0126573_1134143.jpg

d0126573_1135287.jpg

d0126573_11412328.jpg

d0126573_11502253.jpg

帰りに由布山麓で
d0126573_12103598.jpg

d0126573_12152248.jpg
d0126573_12161464.jpg

[PR]

by nk626n | 2008-05-05 11:35

宮崎県側より 大崩山宇土内谷登山

大崩山宇土内谷登山口より
2008年4月 29日 (昭和の日)
山と・ウォーキングの友達 計7人で
R218旧道のTR槇峰駅から鹿川(ししがわ)渓谷へ18km、そこから左方向直進して比叡山林道を舗装路2.9kmさらに未舗装路となり4.8kmで宇土内谷登山口
未舗装路の路面はかなり荒れています四駆推薦、乗用車は高度な運転技術を要します
崖崩れしていますので・・・・・注意書きよく読んで
宇土内谷登山口まで約1時間位歩いた方が無難です
マップ
d0126573_11104079.jpg

むかばき青少年自然の家
「大自然と冒険」 感性豊かな心を持った青少年の育成を目指します
マイクロバス 2台で指導委員を付けて 
むかばき青少年自然の家に 昨夜宿泊して 朝7時出発したそうです
私たちは、その横に駐車させて頂いて・・・・・8時15分出発
大崩山の頂上は、まだ、冬景色・・・5月の後半で良いでしょう
d0126573_1047527.jpg

:目標は アケボノツツジ です: 
「ちょうちょ」が舞う様な花姿に 感激・々です。
空気がよく、爽やかな一日を、過ごさせて頂きました。
皆さん・・・ありがとう
鹿納坊主(遠方に見える山)
d0126573_1265110.jpg


アケボノツツジ 
d0126573_80756.jpg

d0126573_16263751.jpg

d0126573_12103976.jpg

アセビの花
d0126573_914415.jpg

[PR]

by nk626n | 2008-05-01 10:50