傾山に

2009年6月16日(火)3名にて 朝自宅 5時45分
  豊栄鉱山九折越えにて・・・登山
d0126573_15534692.jpg

d0126573_15561850.jpg

d0126573_1558323.jpg

d0126573_15584236.jpg

d0126573_15591999.jpg

d0126573_15595186.jpg

d0126573_1603469.jpg

d0126573_161254100.jpg

d0126573_1613377.jpg

d0126573_16153752.jpg

d0126573_16162836.jpg

[PR]

by nk626n | 2009-06-19 15:53

板切りコース~大船山に

2009年6月14日(日) 労山会員 14名
大船山(岳麓寺コース)
大船山(今水コース)
大船山(板切登山口から)       県道412を久住町に入り、県道30との小倉峠を直進して、次の交差点(まんじゅうハウス)を右折し、
岳麓寺方向へと進む。 約2km後、板切の原口橋で鋭角的に左折し、約500m進むとY字分岐が現れる。
ここを右折し、途中の『フラワーズヴァレー』を右に見て、ここで、オーナーと何かお話をしているようです。
上って行くとヘアピンカーブがあり
500mほど上るとゲートがあり、板切りコースの登山口。先のY字分岐から約2.5km付近
ゲートから左の草地に取り付きがありますが、8時20分。「踏み跡が、はっきりしていないので、コンクリート道を行く事にしました
d0126573_15324170.jpg

d0126573_15354661.jpg

d0126573_153727100.jpg

d0126573_15381113.jpg

d0126573_15394686.jpg

d0126573_15411366.jpg

d0126573_15415225.jpg

d0126573_15423044.jpg

d0126573_15431485.jpg

d0126573_15451331.jpg

[PR]

by nk626n | 2009-06-19 15:15

再度扇ヶ鼻に

2009年6月8日(月) 牧ノ戸より・・・女性3人  9時00
牧ノ戸登山口9:30扇ヶ鼻頂上12:10牧ノ戸下山15:00
昨日は、久住の「山開き」その日を避けて今日を選んで来たのですが
朝が、遅かったので すでに駐車場は満杯 どうしょうか?
猟師岳の駐車場まで、降りてみましたらあ~~うれしいありましたミヤマキリシマが、テレビ・新聞・口利きにより、最近にないほど綺麗と報道されて
いましたので・・・皆さんも足を・運ばれたのでしょう
私達は・昨年の11月の秋 ミヤマキリシマ楽しみにしていましたので・・・♪大満足でした♪
d0126573_7392313.jpg

アルバムに・・・
d0126573_7494084.jpg

画像の加工にて
d0126573_7455572.jpg

[PR]

by nk626n | 2009-06-13 07:32

(小川岳標高 1542m)

2009年5月24日(日) 大分6:30分発  12名 天候 曇り

熊本県山都町と宮崎県五ヶ瀬町との県境の山
広い頂上は、樹林に囲まれて展望は得られないが、樹間を透して います
ハイランドスキー場のある 向坂山が見えています。 
頂上から南へ向坂山コース 東に波帰コースがあり、
北は緑仙峡コースと、3つのコースあります
(黒峰標高  1283m)
黒峰方面への分かれ道を、縦走する予定であったが、大分からの時間では
余りにも遅すぎました
d0126573_834348.jpg

d0126573_8373657.jpg

d0126573_8393139.jpg

バイケイソウの群落 
d0126573_8411415.jpg

フランスの支配人がいたそうですが、故郷のフランスに帰ったそうです
d0126573_842503.jpg

マップ
d0126573_140949.jpg

[PR]

by nk626n | 2009-06-09 08:34

岩井川岳(1522m)いわいごだけ,扇ケ鼻(1698m) に登山

2009年5月31日(日) 午前中 ガスがかかる 天候は 曇り~晴れ
岩井川岳(1522m),扇ケ鼻(1698m) (日) 朝7:30から登り始め
後は猟師岳・・・ ノリウツギなどの低灌木林を登って行くと、広い台地状の草原に飛び出し、岩井川岳の一角に上がりつく
やがて分岐標が現れ、岩井川岳へは鋭角的に右へと折れる。 広大な草原台地を、
今日は霧がかかり・・・見えないのが残念 後程晴れるようです。
熊本~岩井川岳に上がる方は少ないが・扇ケ鼻の頂上は牧ノ戸から来たのでしょう
まぁ~多いこと、早く降りましょう
何か?事故があったようで、救急隊が上がって来てました
新聞を見る、フェリーで返送され 長崎から40名程の団体客
その日に心筋梗塞で命を絶ったようです
皆さん・山は ゆっくりと呼吸を整えながら、楽しみましょうね
お弁当は降りてからにしました。
時には・三俣山を見ながらゆったりとした気持ちで、食事を、取るのも良いでしょう
d0126573_1544468.jpg

d0126573_1234336.jpg
d0126573_124319.jpg
d0126573_1252069.jpg
d0126573_1261098.jpg

d0126573_128124.jpg

[PR]

by nk626n | 2009-06-04 00:57