椎葉村の江代山に登る

2011-4-23日(土) 男子5人  女性11人  計16人 車2台で
大分からの時間は、4時間かかります

椎葉村観光協会の資料をお借りします
d0126573_20372714.jpg


一般社団法人椎葉村観光協会
〒883-1601 宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良1822番地4
電話番号:0982-67-3139 FAX:0982-68-7031

d0126573_18563537.jpg

d0126573_18545148.jpg

---------------------------------
関東育ちの私には、言葉の理解に少し戸惑いますが・・・
有名な宮崎民謡ですので 大事に拝見してくださいネ
-------------------------------
稗搗節(ひえつきぶし)平家残党の娘、鶴富姫と平家追討の源氏の将那須の大八郎との悲しいロマンを唄った相聞歌で、むかし牧草採取や山里のヒエの脱穀の際の労働歌として唄われていた。

庭の山椒(さんしゅ)の木鳴る鈴かけてヨーホイ
  鈴のなるときゃ出ておじゃれヨー
鈴のなるときゃ何というて出ましょう
  駒に水くりょうと言うて出ましょヨー
和様(わさま)平家の公達(きんだち)流れ
  おどま(俺共は)追討(ついとう)の那須の末ヨー
那須の大八鶴富おいて
  椎葉(しいば)立つときゃ目に涙ヨー
泣いて待つよりゃ野に出て見やれ
  野には野菊の花ざかりヨー
おどま(俺共は)いやばぉ(いやだよ) この山奥で
  鹿の鳴く声きくばかりヨー
鶏(とり)は鳴いてもまだ夜(よ)は夜中(よなか)
  こころ静かに寝ておじゃれヨー
鹿の鳴く音に雨戸をおくりゃ
  月の白さや夜の深さヨー
今宵別れて何日又会うか
  明けて三月細(こま)茶時ヨー
地名の伝承など・・

那須家32代目が経営する旅館
九州中央山地のほぼ中央に位置する秘境椎葉で、鶴富姫と那須大八郎の恋物語の舞台となった鶴富屋敷(那須家住宅、昭和31年国指定重要文化財)に隣接する旅館です。椎葉村の中心地にあり、観光はもとよりビジネスにも適しています。
同じ敷地内に鶴富屋敷があり共同入場券で入れる郷土芸能博物館も歩いていける距離にあります。鶴富屋敷内で食事が出来るなど他では味わえないサービスが受けられます。またお土産屋もありとても充実しています。
お食事は、季節の山菜・川魚・猪鹿などを用いた郷土料理で、椎葉で取れたそば粉での手打ちそば、ゴマ豆腐なども人気があります。
昼食でのご利用も可能です。
椎葉にお越しの際はぜひご利用ください。

056.gif国道388号 - 湯山峠 - 矢立高原キャンプ場 -

d0126573_19213025.jpg

d0126573_1922527.jpg

d0126573_19234397.jpg

d0126573_19242333.jpg

d0126573_19245835.jpg

d0126573_19312543.jpg

d0126573_1932946.jpg

d0126573_19335489.jpg

d0126573_1935814.jpg
d0126573_1935516.jpg
d0126573_19362511.jpg
d0126573_19395744.jpg
d0126573_19434019.jpg

d0126573_1945279.jpg

d0126573_1946498.jpg

d0126573_2034184.jpg

d0126573_2035345.jpg

d0126573_20361278.jpg

[PR]

by nk626n | 2011-04-27 18:54

青江ダムにて

2011-4-5(火)晴れ

メジロさんは、お花が大好き
d0126573_438149.gif


山桜が・・・見事です

d0126573_355181.jpg

[PR]

by nk626n | 2011-04-11 03:55

2・落ち水から両子寺下山の縦走

2011-4-10(日)晴れ 男性4人・女性8人 計12人

山中をかなりの精神力と体力で駆けめぐる修行コース。
もう一つは頂上に建てられたアンテナ工事のためにコンクリートで舗装されたコース。これも結構な急斜面のカーブの連続で、トラの尾のロープを掴んでのの下山、
つま先が痛くなるような急坂は、かなりの忍耐と体力を要します
アンテナ工事のためにコンクリートで舗装されたコース
昨年の紅葉の時期に皆さんと撮影会来た時とは、風景が異なります

d0126573_2113882.jpg

山頂には展望台と無線中継塔がある
d0126573_2231067.jpg

d0126573_227220.jpg

d0126573_2335123.jpg

d0126573_2345034.jpg

d0126573_2364159.jpg

両子寺から見た両子山(前方に)見える山 
d0126573_23718100.jpg

[PR]

by nk626n | 2011-04-11 02:09

1・落ち水から両子寺下山の縦走

2011-4-10(日)晴れ 男性4人・女性8人 計12人

両子山(ふたござん) 721m
△1(両子山) 
大分県国東市 地図 両子山(北東)

国東町の文殊山(616m)、
香々地町と真玉町の境にある尻付山(587m)とハジカミ山(565m)、
どの山も富士型の独立峰でこの地方独特の山岳景観を醸し出している。
全方向に見晴らしが良いためか、
国土交通省など3基の中継アンテナが建ち少し山の景観を損ねている。
南西方向にはぼんやりと鶴見岳、由布岳、九重連山が霞んでいた。
360度の眺望が広がり、
間近に国見町の千灯岳(606m)、
豊後高田市の屋山(八面山543m)の麓に並石ダムが見えている。


このメンバーの中には、よその国の山に遊びに行く人たちが含まれていますから
元気良いパワーの集まりです
今日は、何個の山を挑戦するのでしょうか??
車は、両子寺下の駐車場に止めてコンクリート道路を歩いて15分位です
今日の登山出発地点は・・・走り水観音~からです。
ここは水洗トイレも完備しています
056.gif
d0126573_1184655.jpg

水汲みに来ていました
d0126573_1205312.jpg

d0126573_12512100.jpg

d0126573_142913.jpg

d0126573_1453888.jpg

d0126573_1564737.jpg

[PR]

by nk626n | 2011-04-11 01:18

2011年4月4日撮影

2011年4月4日の撮影
桜の花の開花です…震災地の皆さん、もう少し先になりますが
桜の花で元気を頂いて下さい…ご健康を、お祈りいたします
d0126573_2372054.jpg

d0126573_2395785.jpg

d0126573_23115469.jpg
d0126573_2313694.jpg

d0126573_23152373.jpg

[PR]

by nk626n | 2011-04-04 23:00

倉木山~城ケ岳~雨乞岳の縦走

2011-4-2(土)男性1人&女性6人 計7人
倉木山 1160m
目の前に由布岳を望む
d0126573_21312896.jpg

056.gif倉木山の山頂1.160m056.gif
雪はないですが、芽映えもなく冬の姿です
d0126573_21444314.jpg

城ケ岳も分岐点
d0126573_2146294.jpg

城ケ岳の頂上…由布岳が遠方に見える
d0126573_22193734.jpg

雨乞岳…何も無い山です…バラの荒木があり登山者には…悪い洋服でも??
d0126573_21543425.jpg

黒岩山
d0126573_22203952.jpg


今日の花は…キスミレだけ
d0126573_2210114.jpg

d0126573_2212203.jpg

[PR]

by nk626n | 2011-04-04 19:29

霊山より…[青少年の家」の跡地を望む

2011-3-27(日)午前10時10分
紅梅の花です
桜の開花が少し遅れそうです
霊山より…[青少年の家」の跡地を望む
d0126573_17565318.jpg

・木五倍子(きぶし)科。
・学名 Stachyurus praecox
Stachyurus : キブシ属
praecox : 早咲きの
Stachyurus は、ギリシャ語の
「stachyus(穂)+ oura(尾)」が語源。
尾状に下がる花穂のようすから。
学名 S へインターネットより

・開花時期は、 3/15頃~ 4/15頃。
・山野に咲くことが多い。
・ぶどうの形の花をいっぱい垂らす。
ズラッと垂れていると壮観な眺め♪
・果実に含まれるタンニンが、黒色染料の
五倍子(ぶし)の代用になるところから命名。
(ふつうに読むと「ごばいし」だ・・・)
・海岸近くの山地に、これより大型の花を咲かせる
「八丈木五倍子(はちじょうきぶし)」という花もあります

d0126573_17591018.jpg

霊山の頂上にはアセビの花が満開でした
d0126573_18273041.jpg

[PR]

by nk626n | 2011-04-04 17:53