2017-0224日 南平台へ

2017-0224日 南平台へ
鳥居バス停、御嶽権現社(おんたけごんげん)・火男火売(ほのおほのめ)神社に参拝して
登山靴が、残雪を踏み音を立てて歩くのも気持ち良い
南平台分岐から樹氷のトンネルになって私達を歓迎してくれた。
一番元気で雪の中を駆け回るケンチャン?又ね
楽しい一日でした。
d0126573_2133776.jpg

[PR]

by nk626n | 2017-02-25 21:33

2017-2/22日 午前中 霊山にて

2017-2/22日 午前中 霊山にて
056.gif我家の庭も花盛り
カメラを持参して撮影に足を運びました。
d0126573_1837116.jpg

056.gif2017-2/22日 午前中 霊山にて
用事があり5日ぶりに例のお友達と
私達2人・・・好き勝手な話をしながら
山もビックリしています。
新聞を読んで・・・
056.gif大分のうた
  風も無く
      せせらぎの音
         鳥の声 
             春思わせる
                冬の一日
   

 2月21日(火)夕刊にて 
 木の芽雨


 「木の芽起こし」..........木々の芽吹きを促すように降る雨の事
 「木の芽張る」............木の芽が柔らかく膨らむ事
 「木の芽はる雨」......... この時季の雨・ 「はる」 木の芽が張る 
............................季節の「春」の意味を持つ掛け
............................言葉にもなっている           
 057.gif058.gif
 この先、さらに季節が進むにつれて一度に降る雨の量も増え
 暖かな春の雨は、植物の成長にとっても欠かす事の出来ない~~もの (日本気象協会)より
 ...............................................................
 
d0126573_18401492.jpg

 
d0126573_18395282.jpg

[PR]

by nk626n | 2017-02-22 18:07

2017-2/18日 中岳へ

2017-2/18日 九州本土の最高峰 中岳へ 1.791m
056.gif シニアのグループ若ものに
 「負けまい」と牧ノ戸~沓掛をお池を回って
 中岳避難小屋にて昼食を・・・・・
 山頂の突風には、体重の重い私でも飛ばされそうに何度も・・・
 帰りは、2つのコースに
 1.元の・・・牧ノ戸に下山・・・車を大曲まで移動して落ち合いました。
  帰りは、雪も解け 泥んこ状態 皆さん想像して下さい。
 2.久住の小屋から北千里浜~たかもり小屋経由~大曲りに、
 私の様な人生の後半・・・気の合った同志が
 登山の基本を忘れず、楽しく登ることも大事さ感じました。
 056.gif沓掛山 1.503mから 雲の合間から  阿蘇山が
 
d0126573_2235341.jpg

 扇ヶ鼻 1.698m
 
d0126573_22363158.jpg

 避難小屋
 
d0126573_22441264.jpg

 お池は、2.3日暖かい日がありましたからネ  薄い氷の状態でした。
 
d0126573_2250821.jpg

 お池付近から  天狗ヶ城と中岳を望む
 
d0126573_22523629.jpg

 冷たい風が、山頂を吹き付けていました。
 
d0126573_22581894.jpg

 帰りは、足元ばかり気を取られ・・・神経を使いました。
 前方に見えるのが・・・涌蓋山です。
 
d0126573_22593715.jpg



 
 

 
[PR]

by nk626n | 2017-02-18 22:36

我家の梅花

2017-02/16日 クリスマスローズ&梅の花
春の足音が056.gif微かに聞こえて来ます。
私の好きな、クリスマスローズや桜草が・・・
昨年、余りにも暑かったので、水やりも怠っていました。
咲いた姿を見ましたら・・・春の近ずに感激しています。
d0126573_21413376.jpg

一時でしたが・・・横ぶりの雪が 急いで写真を
d0126573_21434381.jpg

d0126573_21462333.jpg

お花は、強いですね、寒くても心を和ませてくれます。  
d0126573_21471121.jpg

d0126573_21481657.jpg

d0126573_215119100.jpg

私の・・・鳥の新作品 メジロさん動きが早いので
d0126573_21532382.jpg

[PR]

by nk626n | 2017-02-16 21:41

2017-0212日霊山にて

2017-0212日霊山にて
056.gif2.3日前の寒波により霊山の山頂から
 久住連山・・・由布岳・・・鶴見岳と真白になっていました。
 今日は、少し暖かったので、50~60人の方が登って来ました。
 マウンテンバイクも山頂にてお会いしました。
 
d0126573_20264739.jpg

 
d0126573_20284510.jpg

 久住連山を望む
 
d0126573_20293166.jpg

 市街地が一望できます。
 
d0126573_20311848.jpg

[PR]

by nk626n | 2017-02-12 20:26

2017-0203日小表山、鷹巣岳へ

2017-0203日小表山、鷹巣岳へ  佐伯市宇目町  
056.gif 小表山...こおもてやま(712m) 地元では(赤松峰)と呼ぶそうです
鷹巣岳...たかすだけ(720m) 三角点はない(等高線:720m
...............................................................
大規模林道<宇目小国線>開通記念広場 が、駐車場です。
駐車場から鷹巣山を見ながら、林道を下り気味に100mほど進み、
 右側のガードレールが始まるところが登山口。
自然林に入り、左の涸谷に向かってゆるやかに歩き始める。
約50分位歩くと分岐点に右へ・・・小表山...こおもてやまに(712m) 
左は、鷹巣岳...たかすだけ(720m)
道があるところまで行ってみることにしましたが、
これがまた予想外の道で大規模林道側は切り立った崖で、
慎重に道を探しながら歩く必要がありました。
道自体はさほど危なくありませんが崖を避けるためのロープなどは 張られていないので要注意です。
その代わりこちらの尾根の眺望は見事です。
この日は天気も良くくじゅう連山、祖母傾を眼前に臨むことができ感動しました。
............................................................... 
眺望を楽しんだ後、鷹巣山へ。途中の尾根道ははっきりしています。
鷹巣山直下はロープを頼りに岩場をよじ登ります。
最初はちょっと登りにくい部分もありますが、
そこを越してしまえば後は比較的簡単に登れますが...
私にとっては、足の置く所やロープの位置などを
教えて頂き、その上自分で確認して.....
山頂は小表山以上に眺望に恵まれ、由布岳や大分市内も見ることが出来ました。
ゆっくりしたくなる山頂でしが・・・
山頂での昼食は少し危険なので岩場を降りて、日照で食事をして・・・
気持ちのいい自然林の中を下山し、途中で、枯れた古木で休憩を
特徴のある良い山歩きでした。
056.gif登山口&地図
d0126573_21252742.jpg

d0126573_21254691.jpg

d0126573_21212472.jpg

注意事項・・・案内標識
d0126573_21244068.jpg

分岐点の案内板
d0126573_21291257.jpg

小表山・・・山頂
d0126573_21295774.jpg

此の山が 鷹巣岳です ロープを掴み直登なので神経を使いました。
d0126573_2131798.jpg

鷹巣岳...たかすだけ(720m)
d0126573_2135864.jpg

d0126573_21353632.jpg

鷹巣岳からの全景
d0126573_21374430.jpg

[PR]

by nk626n | 2017-02-06 21:12